TOP アルスラーン戦記 アルスラーン戦記 風塵乱舞【第8話 風塵乱舞】感想
2016年08月21日

アルスラーン戦記 風塵乱舞【第8話 風塵乱舞】感想

第8章 風塵乱舞 

とうとう最終回を迎えました。物語はまだこれからというところでしたが、アルスラーンの国や民への想いや、そのアルスラーンを支える人々の想いを再確認して終わることができて、とてもよい最終回でした。

ここからネタバレありの感想です。



アルスラーン

エトワールを伴ってメルレインが現れたときの一連のシーンは面白くてよかった。ゾット族ときいて顔色を変えるナルサスとか、アルフリードが実は次期族長だと聞いて驚くエラムとか、ダリューンの「人ごとでもあるまいし」ってツッコミとかw 最終回とあって重く考えさせられる内容だった中で、明るく笑えるところもあって良かったなと思います。

エトワールとアルスラーンたちの話し合いは、いくらエトワールの頼みでもルシタニアの王を救うために兵を出せと言われて、はいというわけにはいきません。ダリューンもナルサスも一体何を言ってるのかわかっているのか?とエトワールに詰め寄ります。

略奪した財宝も返して大人しくエクバターナから出て行くとエトワールは言いますが、エトワールの立場でどうにかできるわけでもありません。自分が王を説得する、王は良い人だというエトワールにナルサスの「どれほど人柄が良くても行ってきたことの善悪が問題だ」という言葉がまた重たかったです。

そのやりとりを聞きながら「権力を持つものが責任を自覚せず、何の力もないものが責任を感じる…」とアルスラーンは考えています。ここでは口を挟まずみんなの意見をできるだけ聞き、どうすれば良いのか考えています。

アンドラゴラス

ペシャワール城塞も準備が整い、エクバターナ奪還へ向けていよいよ出兵することになります。ただ将軍たちの中でもアンドラゴラスのアルスラーンに対する仕打ちに納得がいかないものもいます。アルスラーンの行く末に期待をするものもいます。

アンドラゴラスがキシュワードが見つけた密書を燃やしてしまったので中身は結局わからないままですが、王家の呪縛と無縁ということ、それは素晴らしいことなのではないか、とキシュワードは考えます。やっぱりキシュワードもいい人だ。それにしても気になる密書の中身…。ちらっとでも見たかったです。

ヒルメス

ルシタニアと決別したヒルメスは聖剣ルクナバードを取り返すためにボダンが潜んでいる旧マルヤムへ。争っている中で、「人を利用することばかり考える俗物が!」とボダンはヒルメスに言うけど、ボダンがそれ言う?この皮肉はすごくいいなと思いました。ここは「民衆は殺すな!」と念を押しているサームがいいなと思いました。パルス人は本来こうですよね。

そして聖剣を手にいれたヒルメスも王都へ向かいます。

アルスラーン王都へ

最後はまた話がアルスラーンたちに戻り、兵は命じられた5万には遠いが、エクバターナへ向かうことが決まります。「ほっておいた方が都合がいいのでは」というギーヴの捻くれた助言にも、ちゃんとお礼をいうアルスラーンは素晴らしい。

アルスラーンが考えていたのはただ王都を奪還すればいいというものではありませんでした。

狂信と偏見は何よりもその国の人間を損なう。全てを殺しつくそうとは思わない、でもアンドラゴラスは一切容赦しないだろう。それでは同じことを繰り返しになる。いざというときはアンドラゴラスを止めなければならない。止められるのは自分たちだけだ、だからエクバターナへ向かう。そういった、アルスラーンの笑顔。エトワールとナルサスたちのやりとりへの答えがこれでした。

「どこまでもお供すると約束したではありませんか」
ダリューンのこの手のセリフが凄く好きなんですよ。ナルサスもダリューンも嬉しそうでアルスラーンの言うとおりほんとうに頼もしいです。

アルスラーンの背後で夜が明けていくのは美しかった。王都奪還へ向けてのアルスラーンの言葉は「私は器だ。何者にでもなれる。ならば私は皆が望む王となろう」というものでした。

ルシタニア、ヒルメス、アンドラゴラス、アルスラーン。この物語の先で王都で4つの軍がぶつかるんでしょう。最後はアンドラゴラスの「ヤシャスィーン!」で終わりました。

アルスラーン戦記、ほんとに素晴らしかった。8話と短い話でしたが毎回クオリティが落ちなくて見ごたえがあったのでとても満足です。作画も動きも素晴らしくて、セリフの一つ一つも丁寧な脚本で、本当に楽しむことができました。またこの続きが観られるといいなと思います。




前へ:アルスラーン戦記 風塵乱舞【第7話 虹の都】感想


posted by 白黒ウサギ at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | アルスラーン戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176564849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第8話(終) 『風塵乱舞』 風はエクバターナへ、そしてここでおしまい。 [こいさんの放送中アニメの感想]
ゾット族、その名を聞いてぞっとするナルサス。 エトワールが来たんだって!アルフリード、メルレインを無視。次期族長なのにフラフラと!兄でもあり男でもあるメルレインを差し置いてなんで族長なんだろう。親父..…
(2016-08-23 07:12)