TOP D.Gray-man HALLOW D.Gray-man HALLOW【第6話 friend】感想
2016年08月09日

D.Gray-man HALLOW【第6話 friend】感想

第6夜 friend

アルマを呼び起こすため、ワイズリーがユウとアルマの記憶を再生させるのですが、アレンとロードがそれに巻き込まれてしまいます。ユウの記憶の中でアレンとロードは目を覚まし、ユウがこれまでに体験したことを見ることに…。

ユウの過去は今回はじめて出てきたのですか?
ものすごく悲しく残酷な話なのですが、この仄暗い世界観がいいんだなーと思います。

ここからネタバレありの感想です。



ユウが生まれてきたことをアルマがものすごく喜んでいたのがとても可愛かったです。ユウと仲良くなりたいアルマと、そんなアルマが鬱陶しいと感じるユウは喧嘩ばかり。2人とも再生能力があるため、どんなに喧嘩で怪我をしてもすぐにもと通り。

アルマは人懐っこく寂しがりでユウは無愛想で気が強く対照的です。どちらも可愛いのに…。

イノセンスの同調実験を強制的にやらされ、再生能力があると言っても2人とも身体はボロボロです。2人の身体能力について説明があったからまだましだけれど、血まみれで倒れていく姿を何度も目にするのはさすがに厳しいです。再生するとは言ってもその度に痛みは感じるわけで、倒れるまでなんて激痛ですよね…。

ユウが見ていた女の人の幽霊は、あれは元々のユウの記憶だったんですね。別のエクソシストとして生きていた頃のユウの記憶…。元の記憶を取り戻したセカンドエクソシストはもうダメらしく、ユウも凍結処分されることになります。何とか手を打とうともせずサクっと決めてしまう、これも酷い。

話を盗み聞きしたアルマがユウを連れて脱走しようとしますが、あっけなく鴉に捕まってしまいます。ここはもっと派手な逃走劇があるのかと思ったら、かなりあっさりと終わってしまいました。が、この短い逃走の中でも、アルマがまだ眠っている仲間(とアルマは思っている)を大事に思っていること、ユウを唯一の友だちとして本当に大切に思っていることが描かれていて良かったかも…。

エクソシストの脳を“器”に移し、元のエクソシストが持っていたイノセンスと同調させる。器っていうのはどこから用意したんでしょう…。どこかの子ども?作りもの?(作れるのかな…?)

イノセンスでしか世界を救うことができないのに、エクソシストは数が少ないから…と言っても、死んだ人を使いまわしているわけですよね。それも悪魔の所業のような気もしますが。そして無理やり生み出したものに、死ぬほどの苦痛を何度も耐えなければいけない実験させるなんて、いくら何でも酷い。

過去を思い出したユウと、イノセンスと元の自分を見てしまったアルマと、どちらも暴走しそうですが次回はどうなるの…。

黒の教団もなかなかエグいですね。こんな風にして生まれたセカンドエクソシストから、さらにサードエクソシストを生み出すという…。こういう組織の暗部を見てしまって、アレンどうするんだろ…。どうもしないのかな…。




次へ:D.Gray-man HALLOW【第7話 徒花の真実】感想
前へ:D.Gray-man HALLOW【第5話 アルマ=カルマ】感想


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

D.Gray-man HALLOW B6ノート B柄 (神田)[POMMOP]《09月予約※暫定》
価格:680円(税込、送料別) (2016/8/9時点)

posted by 白黒ウサギ at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man HALLOW
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176418956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック