TOP アルスラーン戦記 アルスラーン戦記 風塵乱舞【第6話 列王の災難】感想
2016年08月08日

アルスラーン戦記 風塵乱舞【第6話 列王の災難】感想

第6章 列王の災難 

今回は王都エクバターナでの話が中心です。ルシタニアの侵攻から半年が過ぎ、ボダンが信仰を盾にやりたい放題、王であるイノケンティスは何もできず、いつの間にかエクバターナは荒れ果てていました。ギスカールはイノケンティスを幽閉し、自分が主導権をとろうとしますが…。

最初から最後までハラハラした第6話でした。心臓に悪い…。面白かった。

ここからネタバレありの感想です。



ボダンが用水路を壊してしまったため、エクバターナでは生活が上手くいかなくなっています。ギスカールがやり過ぎなのだとぼやきますが、そのとおりですね。パルスが豊かな土地であるというのには理由があったのに、めちゃくちゃに壊してしまっては都が都でなくなってしまいます。

ギスカールは先のことまでよく考える性格だと思うのですが、それが裏目に出ることも多いのかも。アンドラゴラスの人質事件といい、何かにつけて上手くいかないようです。もうアンドラゴラスの時のような失敗はしないとこっそり決意します。

そんなタイミングで捕らえたイリーナ、忍び込んできたエトワール、これは渡りに舟だと思ったのでしょう。エトワールを騙し、イリーナに王を襲わせますが、脂肪が分厚くて一命をとりとめるという奇跡の展開にw 笑ってしまうようなオチですが、自分の手を汚さないでというところが実は失敗だったのかなと思います。

エトワールもイリーナもここで処刑されてしまうのかとハラハラしました…。ほんとに逃げ場がない状態でした。メルレインが何とかしてくれるかなと思いましたが、あんな大勢の兵がいて助けられるのかどうか?

メルレインが行動を起こす寸前、ヒルメス間に合って良かった。アルスラーン戦記、1期も含めてヒルメスの登場が嬉しかったのは今回が初めてです。馬にのって姫をさらっていく姿はかっこ良かったですね。この2人はもう離れない方がいいと思うけど。ヒルメスはもうルシタニアは協力しない。これからどうするのか…

一方、エトワールはメルレインに助けられます。別に一人で逃げられただろうけど、って話をしているうちにアルフリードの話になり、2人はアルスラーンたちを追いかけることになります。でもエトワールはアルスラーンがペシャワールを追われてギランにいるのは知ってるかな…。無事に再会できると良いのですが。

まさか今回、アルスラーンは出番なし…?主役なのに…?と、エクバターナの事件の他にこちらも心配してましたw 最後にちょっとだけですが出てきたので良かったです。殿下は半ズボンで玉座に座ってる姿がかわいい。

海賊の財宝を狙う話をしていますが…。金貨大好きなギーヴの目の色が変わってましたねw また予告が無かったので次回どうなるかわかりませんが、海へ出る話になりそうですね。気になるのは盗み聞きしていたシャガードがどう出るか?

エンドカードは衝撃の島耕作ダリューンw あんまりだわw

次回も楽しみです。(・∀・)〃ヤシャスィーン!




次へ:アルスラーン戦記 風塵乱舞【第7話 虹の都】感想
前へ:アルスラーン戦記 風塵乱舞【第5話 決別】感想


posted by 白黒ウサギ at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | アルスラーン戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176396088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第6話 『列王の災難』 今日のヒルメスはヒーロー!愛するイリーナを見事救出!! [こいさんの放送中アニメの感想]
敵陣に乗り込み、愛する姫を助けだす!将に主人公という感じです。そしてザンデは忠臣。アルスラーンにはこういう色っぽい話が無いですからね。どっちかというとホ…いや何でもありません。今後エト..…
(2016-08-09 02:11)