TOP た行 男子高校生の日常【全12話】感想
2016年08月06日

男子高校生の日常【全12話】感想

☆2012年1月〜3月(全12話)

男子高校生あるあるをゆるーく描いた日常もの。これ面白いですよね。原作も終わっちゃったし、もう2期は無いだろうなー。とても残念です。

タダクニ、ヒデノリ、ヨシタケの3人が一応メインです。他にも同じ高校の他の生徒たち、タダクニの妹、他校の生徒などたくさん出てきます。でも群像劇というほど大げさなものでもなく、投げっぱなしでオチのない日常があるだけです。単純に笑って楽しめるいい作品です。私はこういうゆるい感じの好きです。



たとえば、道に棒が落ちているのを見たら、誰かがそれを伝説の剣だと言い出して、そこからPRGごっこが始まったりするような、あー、男子ってこうなのかなと思うような、くだらないけれど平和な日常。妹のスカートで勝手に遊んでるところを見つかって怒られたり、女子がなぜかいつも怒っていて怖いとか、特に姉の友だちが怖くて理不尽なこと言われても言い返せないとか、ほんとにしょうもなくてw

だいたい1話の中に5〜8話くらいの短い話が詰まってます。話のつながりはないけど全くバラバラでもなく、同じネタが出てくるのも面白かったです。川辺の文学少女とか生徒会シリーズが特に好きかな。生徒会は金髪やヒゲとか見た目が怖そうな人ばかりなのに、真面目に働いてて忙しそうなのがおもしろかったw その割に何も決まらないけどw

絵柄はクセが強いので好き嫌いありそう。でもこの絵だから面白いんだよなーとも思うんですよ。特にイケメンも美少女も出てこない、普通な感じがいいんです。かろうじてイケメンっぽい男子は一度だけ出てきますが、それもイケメンなのかどうか絵柄からはわからないw 女子ももしかしたらかわいい子がいるのかもしれないけど、登場人物の中で誰がかわいいとか話題にもならず、これもわかりませんw

これすごいなーと思ったのは、「女子高生は異常」っていう番外編みたいな他校の女子3人組の、ほんとイカれたのが時折あるんですが、この子たちほんとにかわいくないのw でもこの子たちだけじゃなくて、このアニメに出てくる女の子はみんな基本的にかわいい系じゃないんです。タダクニの妹やモトハルの姉なんかは、主要キャラの家族なのに顔がちゃんと描かれていなくて誰だかわかりにくい。おまけに名前もない。どうでもよくない役なのにモブっぽくて面白いなと思いました。ただ思い入れも湧いてこないけどw

そもそもタダクニたちは男子校なので、クラスの憧れのかわいい女子とかテンプレみたいなキャラは出てきません。日常的に家族以外の女子と接点がなく、妹、姉、姉のともだち、ぐらいなんですよ、出てくるのが。交流のある女子校の生徒会長(りんごちゃん)は、唯一かわいい感じで言われていましたが、それもたくさん食べるところとか馬鹿なところとかで、顔ではなかったんですよね。女子って男子への態度ひどいよなーってところを描いてるのが、まさにあるある…で。この女子たちのかわいくない感じや、男子と女子の距離感がちょっとリアルだなーと思ってそれも笑ったところです。

普通にすごくかわいいキャラにしてしまえば、ものすごく人気出たのかもしれないけど、それだったらこんなに笑えなかったかも、と思います。キャラにしても話にしても、だらっとやる気のないところがおもしろかった。提供のところでもダラダラして、あざとさ全開でしたけどねw

だらだら少しづつ見ても楽しめると思いますー。ほんと投げっぱなしで誰も拾わなくて、ロゴが出てきておしまい、ていう構成すごく面白かったです。下ネタがほとんど無くて、こんな感じのギャグアニメなのに上品な感じですかね。なんかまたこういう感じのどこかが作らないかな。

オープニングが無駄に爽やかでかっこいいところも好きでしたw

2012年1月〜3月(全12話)
原作:山内泰延
監督・音響監督・脚本:高松信司
キャラクターデザイン・総作画監督:湯本佳典
アニメーション制作:サンライズ
キャスト:入野自由、杉田智和、鈴村健一、岡本信彦、浪川大輔、小野友樹、石田彰、森久保祥太郎



posted by 白黒ウサギ at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176379623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック