TOP D.Gray-man HALLOW D.Gray-man HALLOW【第5話 アルマ=カルマ】感想
2016年08月02日

D.Gray-man HALLOW【第5話 アルマ=カルマ】感想

☆第5夜 アルマ=カルマ 

場所は北米支部。サード・エクソシストの第一母体となるアルマが保管されています。公開されたアルマの姿とその過去の話から科学班たちはショックを受けます。そして北米支部もAKUMAの襲撃を受けます。 

ここからネタバレありの感想です。



千年伯爵がちょっとしょぼいおじさん姿で登場しました…。これまで回想シーンでときどき出ていた千年伯爵と雰囲気が違うなーと思ったら、途中からちゃんとあの千年伯爵になった…!着グルミみたいなものかな?ああ見えて戦闘用スーツかな…?

千年伯爵たちがAKUMAを作る=悪、というのがこの世界の共通認識だと思っていたのですが、そうでもないの?世界の終焉がダメなだけで、AKUMAが作られる原理は否定しないのかな。人造使徒だとは言っても結局その元をたどれば人間だし、教団のやっているのもひどいですよね。悪を倒すためなら何をやっても正義ではない筈で…。

落ち込むジョニーに自分の目で見て考えろと励ましてくれる班長、かっこいいですね。逃げる途中でジョニーが転んだときもしっかりしろって言ってくれる。今自分がやらなきゃいけないのは生き延びること、ジョニーもいいこと言います。生きていくの大事。

あー、時系列で言うとちょうど先週の終わり、ユウが血の涙を流していたのがこの辺だったんですね。話が平行して進んでたんだ。神田ユウも目に光が無かったので死んだのかと思いました…が、再生できるんですね。何か誰が頑丈で誰がそうじゃないのかわからないので、毎回見ていてハラハラします。

科学班の大半の人が人質として拘束された中で、いきなりアレンが飛び出してきたのはビックリしました。呼び寄せられて来たみたいですね。何が起きてるのかわかってなかった。でもこのシーンはかっこよくて印象的でした。こういうのいいですね!

アレンが孤児院での戦いのとき、“14番目”の姿で「おはよう」って言ったのは千年伯爵に語りかけてたのか…。AKUMAを通して語りかけるって、そんなこともできるのか…。前作みていないので知っておくべき大前提がわからず、何かわかるたびに「へーなるほどー」って見てますw そしてまた14番目の姿になり「お前を殺して俺が千年伯爵になってやる…!」って。えええ?取って代われるものなの?

アレンは自分の中の14番目の存在を否定し、自分はエクソシストのアレン・ウォーカーだ!と伯爵に頭突きして気合を入れます。ここで左腕も復活しましたね。

最後は、ユウはアルマを知らないと言い、いつの間にかアレンがユウとアルマの過去を見ているところで今回はおしまい。

サードエクソシストの女の子とリンクはどうしたかな? いろいろ続きが気になる終わり方でした。次回が楽しみです。

科学班のジョニーの声、市来さんでしたね!何か聞いたことがあると思いました!




次へ:D.Gray-man HALLOW【第6話 friend】感想
前へ:D.Gray-man HALLOW【第4話 聖戦ブラッド】感想


posted by 白黒ウサギ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man HALLOW
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176331973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック