TOP アルスラーン戦記 アルスラーン戦記 風塵乱舞【第4話 陸の都と水の都と】感想
2016年07月24日

アルスラーン戦記 風塵乱舞【第4話 陸の都と水の都と】感想

第四章 陸の都と水の都と 

アルスラーン2期は全8話なので今回で折り返しですね。早いなぁ…。とてもあと4話で5万の軍を集められる気がしないので、王都はまだまだ遠いということでしょうか。これからどんな風に話が進んでいくのか楽しみなので、残り4話も大事に観よう…!と思います。

今回から砂漠を抜け、海の街が舞台になります。どこで調達したのか今回から皆さん夏服ですよ。…夏服というか、皆さんこれまでもさほど厚着でもなかったので、風通しのよい服に着替えました!という感じですね。初登場からずっと超薄着の方もいますからねw アルスラーン殿下のショートパンツにソックス姿とナルサスのサンダルにグッときました。申し訳ない。それよりシャガード初登場が重要でした…。

ここからネタバレありの感想です。



前も書いたのですが、今期のオープニングほんと好き。ペーパークラフトみたいなファンタジーっぽい前半も好きだし、後半のアクションでひとりずつ出てくるところ、全員かっこいい。動きも表情も、もちろん歌もいい。かなり好きです。何回も見てますw

ギランへ向かう途中、山賊に襲われますが顔があからさまにゾット族。即、アルフリードの出番かと思ったのですが、ダリューンの一太刀でまず牽制します。その後アルフリードが声をかけ、やっぱり知り合いだったのか…という展開に。ここでもアルフリードの自称ナルサスの妻が始まります。馬ごとそっと距離を置こうとするナルサスの行動もおかしかったのですが、その時の困った表情がまた良かったです。

ゾット族からアルフリードの兄のメルレインも戻ってこないという話を聞きます。メルレインは先週でてきた、イリーナと一緒にいた人ですね。アルフリードは兄を「族長の子なのに自覚が足りない」などと言います。誰が言うって感じですねw それを聞いているときのエラムとアルスラーンの顔w でもまあこれでゾット族もアルスラーンに何かあれば駆けつけると約束してくれました。

海を初めてみる殿下、かわいいですね。そして自分の国のことなのに何も知らないのだと素直にいうところも、少年らしい健やかさを感じてとてもいいです。アルスラーンご一行様、みんなアルスラーンに優しいですよね。知らないことはこれから知っていけばいい、みたいなね。良い臣下に支えられて幸せですね。進む道は険しいですが…。

目的地であるギランに到着しました。貿易で栄えているらしくかなり華やかな町です。みんなも店を回って若干はしゃいでいます。ギランは豊かですが、その豊かさには裏があります。アルスラーンは奴隷制を廃止すると言っているけれど、ギランの豊かさは奴隷制あってのもの。アルスラーンの考えに反感を持つ商人も多く、ギランで兵を集めるのも難しそうです。

シャガードを訪ねる際にナルサスが友人と言ったときの、「ナルサスに友だちがいたのか!」みたいな皆の反応が面白かったです。いったいどういう人だと思われてるんだろうw

シャガードは敵なのか味方なのか、食えないタイプ。学生時代は奴隷解放を考えていたけれど、商人になった今は肯定的にとらえています。合理的っていうのはどうかと思うのですが。シャガードの言い分は、大人になったから。誰もが平等に豊かに暮らせる世界なんて夢物語。確かに理想を叶えるのは難しいのですが、それでもアルスラーンについていくと言い切るナルサスはかっこいい。シャガードも着いてきてくれるといいのですが、雲行き怪しいです。

後半の見どころは海賊。
ギラン総督ペラギウスはお調子者ですね。誕生の際に駆けつけたとかこれはあからさまな嘘ですね。戦いに加勢しなかったことをダリューンに責められると、すべて海賊のせいにします。みんなあまりの胡散臭さにあきれますが、特にエラムとアルフリードの顔ww ここのシーンは後ろでずっと波の音がしていて、ちょっと凝ってて面白いなと思いました。

その時タイミングよく港のそばで海賊騒動が起きます。ただ先程のペラギウスの話とは食い違い、襲われている商船をギランの人たちは誰も助けようとしません。商船の乗組員たちは必死で海賊たちに抵抗しますが…。

ギーヴとファランギースの動きがシンクロしていてかっこ良かったですね。2人の間から前へ出るダリューン、最後にジャスワント。4人ともかっこ良かった。ダリューンはさすが強かったです。あまりの強さに海賊が怯んだところに、ギーヴがダリューンの名前を出してさらに脅します。最後はダリューンの顔で圧倒して、海賊退散w

アルスラーンが商人に評判が悪いのなら、行動で示して恩を売ろうということですね。上手くいくといいのですが。グラーゼ船長かっこいいですね。強そうだしこれから頼れそう。

今回ちょっとコミカルなシーンも多かったなと思いますが、こういう感じは私は好きなので楽しめました。戦いの重厚な感じも好きですけどね。

次回は…ナルサスとシャガードが喧嘩するんですね。毎回予告のナレーションちょっとおかしいw




次へ:アルスラーン戦記 風塵乱舞【第5話 決別】感想
前へ:アルスラーン戦記 風塵乱舞【第3話 征馬孤影】感想


posted by 白黒ウサギ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | アルスラーン戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176214163
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第4話 『陸の都と水の都と』 山賊に海賊...ダリューンには物足りないぜ! [こいさんの放送中アニメの感想]
南方の街ギラン。初期メンバー+αになったアルスラーン一行が目指すのは港町。しかし山賊が襲いかかる。どっかで見たようなペイントしてますね。 命が惜しければ…って言ってる相手が悪..…
(2016-07-25 11:54)