TOP D.Gray-man HALLOW D.Gray-man HALLOW【第3話 顔を洗えば大丈夫】感想
2016年07月19日

D.Gray-man HALLOW【第3話 顔を洗えば大丈夫】感想

第3夜 顔を洗えば大丈夫  

最後まで見てサブタイトルの意味がわかりました。

怪盗Gの話の続きです。結界を張られ閉じ込められた孤児院の中で、AKUMAたちとアレンたちの闘いが続きます。リンクが人形のようになって倒れてしまったところで前回終わったのですが…。登場人物が多くて話もややこしいけど面白いです。

ここからネタバレありの感想です。



ティモシーの泣き顔で始まって泣き顔で終わる第3話、ティモシー覚醒回でした。

行き場がなかったティモシーを孤児院に置いてくれたこと、院長先生の優しさで預かる孤児が増えていき経営に苦しんでいたこと、ティモシーがこれまでのことを回想します。ずっと力を封印していたけれど、院長先生を助けるために怪盗Gになったこと、いいことにお金を使っているんだから、自分がやったことはいいこと…と考えているうち、アレンに最低だと言われたことが急に心に染みてきます。怪盗Gのせいで人生が滅茶苦茶になった人がいる。自分のやったことが間違っていたことにやっと気がつき、また大泣きするティモシー。

エミリアがティモシーを助けるために飛び出してきたことで、ティモシーの中の何かが目覚めます。これがイノセンス?額の石が光って、抜けだした魂のようなものがAKUMAに取り憑き、エミリアを庇います。人だけじゃなくてAKUMAにも憑依できるらしい。出てきた憑き神はティモシーが大人になった姿を借りたということですが。どうやらこれがティモシーの武器のようです。

ティモシーが例の人形化させるAKUMAを浄化したことで、リンクの状態も元に戻ってきます。なるほど、そういう仕組なんですね。まだ本調子じゃないのにティモシーを庇いに来るんですね。かっこいいです。

途中で出てきた赤い服の人たちが“鴉”?リンクも元鴉だと言ってたし、知り合いみたいですね。でも鴉の人たちはエクソシストじゃないから、AKUMAを倒せないんじゃなかったっけ…?左手で食べてましたよ…?前作観てないのでこういうところ謎です。

「今回いいとこなしだ」ってアレンが自分で言ってましたけどホントにそんな感じでした。圧倒されすぎてて。クラウン・クラウンで自分ごとAKUMAを貫いていましたが、本来なら邪悪なものにしか効かない筈なのに、アレンも傷つけていました。アレンの中で何かが目覚めて…「おはよう」って、アレンの髪も顔も変わってましたよね?気がついた神田がAKUMAにトドメを刺した瞬間、その“何か(第1話からいわれてる十四番目?)”が消えて、本来のアレンに戻ってました。何だろう。怖いですね。

神田に助けられた瞬間のアレンの表情がすごく良かったです。この人はほんとに美しいなぁ…。神田もかっこいい。かっこいい人多いですね。

最後、ティモシーは制服姿を院長に見せたくてわざわざ着てきたのがかわいい。一生懸命、食事が美味しいとかお風呂が広いとか説明しているのが良かったです。ティモシー頑張ってるよね。自分にできることを一生懸命考えた末の結論ですよね…。院長先生もティモシーもボロボロに泣いてましたね。確かにね、どんなに泣いても顔を洗えば大丈夫ですね。いい話でした。

リンクが完璧に元に戻って良かった〜。あの魂抜けたビジュアルのままこの後の話が続くの厳しいと思ってたのでw




次へ:D.Gray-man HALLOW【第4話 聖戦ブラッド】感想
前へ:D.Gray-man HALLOW【第2話 ロンリー・ボーイ】感想


posted by 白黒ウサギ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man HALLOW
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176146335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック