TOP アルスラーン戦記 アルスラーン戦記 風塵乱舞【朗読劇&先行上映会】レポート
2016年07月10日

アルスラーン戦記 風塵乱舞【朗読劇&先行上映会】レポート

「アルスラーン戦記 風塵乱舞」朗読劇&先行上映会 夜の部レポート 

2016年7月9日(土)ディファ有明

夜の部のチケットとれたので行ってきました。楽しかったです〜!
第2話の感想は別途書くとして、今回はイベントレポートを。

20160709-5.jpg


出演者:小林裕介さん(アルスラーン)/細谷佳正さん(ダリューン)/浪川大輔さん(ナルサス)/KENNさん(ギーヴ)/内山夕実さん(エトワール)

1. 朗読劇
2. 出演者トーク
3. 1話上映+キャスト生コメンタリー
4. 2話先行上映

という内容でした。朗読劇の内容は、昼夜公演どちらも「アルスラーン戦記 風塵乱舞」Blu-ray&DVD第1巻の映像特典として収録されるそうです。朗読劇のネタバレは特に書きません(だいたい1話の内容なので)。

では長くなりますが良かったら続きをどうぞ。



場所が有明なので、早く行って時間があまっても周りに何もないので開場少し前に着くぐらいに行きました。

まずは会場とは別棟の物販へ。今回のイベント限定の朗読劇台本目当です。昼夜セットは完売だったので昼と夜とそれぞれ買いました。セットだと100円安いっていうそれだけの違いで、中身は同じなので問題なしです。
20160709-3.jpg

他、私は買いませんでしたが、限定の缶バッジや先行発売のストラップなど、売切れてました。

物販コーナーのところにパネルが設置してあるんですが、その場所が壁一面、鏡なんですよ。普段は何かトレーニングとかレッスンとかに使っている場所なのかな。鏡はちょっとな…と思いながら写真撮ってたのですが、皆さん同じことを思ったようで、「自分も写っちゃう…」などなど不満の声が聞こえてきましたw 自分が入らないようにしても見知らぬ誰かが写るので、ちょっと撮りにくかったです。

↓こんな感じ(人がなるべく写らないように…)
20160709-1.jpg

20160709-2.jpg

※公演が終わったら、会場のところまでパネルと物販が移動してきてました。パネル撮りなおそうかと思いましたが、混んでたのでやめました〜。

☆1. 朗読劇

第1話の前日譚+第1話まとめのような内容でした。
今回出演される方だけの話になるのかなー?と思っていたらそんなことありませんでした。エラム(花江夏樹さん)とヒルメス(梶裕貴さん)は録音でしたが、ちゃんと出てきましたよ〜。特にヒルメスは出番がけっこう多かったです。

闘いのシーンも割とありましたが、普通の掛け合いでも、声の出し方がすごいんですよ。迫力あって素敵でした。目の前で演技をみて聞いて、感動しますね。笑うシーンではちゃんとニコニコして、闘うときは険しい表情で。声優さんってすごいなーと改めて思いました。

吟遊詩人ギーヴの歌で始まり、歌で終わる。素敵でした。

20160709-4.jpg


☆2. 出演者トーク

司会はニッポン放送の吉田尚記さんでした!さすが盛り上げてくださって…!
最初に浪川さんに話振ってましたw 満足そうですねって。夜の部は、かわいい大人が浪川さんだけじゃなくて、細谷さんもいるので、みたいな感じのこと言ってました。わかる。浪川さんもほそやんもかわいい。

小林祐介さんは、今日もエスニックな感じの服装で、殿下っぽい感じでした。この前のアルスラーンの特番のときも、エスニック系の服装でしたね。白いふわっとした服装、似合っててかわいいんですよ。最近“殿下”って呼ばれると、アルスラーンのことなのか自分のことなのかわからなくなるって言ってましたw

ほそやん、覚悟して半袖できたのに汗だくだって言ってて、爆笑でした。お客さんが入ったら空調が強くなるかなと思ったらそんなことなくて…って。小林さんとけんぬがソソソ…と寄っていって、汗を書いてるか触って確認してましたw で、そんなことないよ?そんな汗かいてないよ?という流れから、ほそやんが浪川さんへ…「汗どうですか」って。

浪川さん、黒っぽいムラ染めのTシャツにロングカーデという服装で、「汗じゃないから!こういうデザインだから!」って言ってたのがおかしかったです。おしゃれでしたよー。かっこよくてかわいいですよねえ。昼の部でも、楽屋でも、いろいろあったみたいですw ダリューンの「殿下!」を「伝家の宝刀ですね〜」と言ってて、上手いこといった的な小さくガッツポーズ可愛かったです。その後、吉田アナに「(殿下と伝家)漢字が違うのわかってます?」「漢字って何ですか」という浪川さんならではのお約束のツッコミ面白かったです。

紅一点の内山夕実さん!虹色デイズのまりちゃんもやってましたよね〜。すっごくすっごく可愛かった。黒のロングワンピースが似合ってて、美人さんでした。エトワールの出番がもともと少ないせいもあると思うんですが、他の方に比べると会話少なめでした。どうしても殿下とダリューン中心になってしまうからねー。

それからKENNさん。けんぬ可愛かった。「男性の方もいらっしゃいますが、僕が声かけたら、みなさんハーイ!って言ってくださいね」って、何を言うかな?って思ったら「そこの絶世の美女〜!」会場「ハーイ」でしたw さすがギーヴですw 朗読劇がギーヴの歌で始まって歌で終わるので、これは現代に置き換えたら、OP/EDを一人で担当してるようなもので〜と嬉しそうでした。なるほどです!

内山さんに、アルスラーンはタイプの違う男性が出てきますが誰がいいか、という話をふられた時のがすごく面白かった。ほそやんとけんぬが、自分!自分!ってアピールはじめてw 内山さんが「最初はダリューンが好きだったんですけど〜」って言ったら、ほそやんだけ喜んで、けんぬが拗ねるふりをしてて、小林さんと浪川さんは座ってお水飲み始めたっていうw その後は、ギーヴのことも褒めてて、でも最終的にはアルスラーンが成長してたくましくなってきていいというオチで。ナルサスの良さは自分にはわからないけど…って言われて、浪川さん寝ちゃってましたwww みんな面白いです。

他にもいろいろ楽しい話があったんですけど…

☆3. 1話上映+キャスト生コメンタリー

昼の部では、アルスラーンのセリフ「ヤシャスィーン」を会場ふくめ皆で言ったらしいのですが、夜の部ではそれにプラスして、ダリューンの「殿下ーーーーーー!」も全員でいいました。ほそやん「せーの」「殿下ーーーーー!」殿下「せーの」「ヤシャスィーン!」と続いてすごく盛り上がりました。

そのせいなのか、戦闘シーンから入ったからなのか、ダリューンの闘うところやアルフリードが出てくるところで、キャストの皆さんが「がんばれー!いけー!」みたいな感じになってて、コメンタリーというより応援上映になってましたw ナルサスが出てくると「かっこいいー!」ですw

その後、ほそやんがアルスラーンの成長を語ってるときにまるで親戚のおじさんのようだという話になり、その流れに乗っちゃったのか、ほそやんがアルスラーンが父王に似てきたと言ったことで大問題にw だってみなさんもう1話は見てますからね。1話に出てくるアンドラゴラス三世、あれですよw 「似てる!?後で出てきますから答え合わせしましょうね」って。このネタで最後まで笑いました。

いろいろ楽しかったのですが、書ききれないので、印象に残ったことをまとめます。
  • アルスラーン、水戸黄門感ある。「このヤシャスィーンが目に入らぬか」www
  • わざと最初はアルスラーンに背を向けて話すエトワールかわいい
  • エトワールは1期の後半で女装(?)した辺りから女性らしさを少しづつ出すようにしてる
  • 高いところに登らずにはいられないギーヴw 次のイベントがあったら、けんぬだけ高い位置でw
  • 月が背後にくるよう立ち位置を計算するギーヴ
  • 銀仮面は仮面そのものが熱くなってるんじゃないの?砂漠だよ!
  • 梶くん怒るとヒルメスの声になる説w(梶くんの声のレンジの広さを皆で凄いねって言ってたんですよ!)
  • ナルサスとダリューンの服装の差。ダリューン首元までキッチリ。ナルサス風呂あがりw
  • 人質になったギスカール。こんな弱々しい子安さん珍しいw
  • アルスラーンやっぱりお父さんに似てなかったw

本当に楽しかったです。
アルスラーン2期、盛り上がるといいな〜!と思います。
2話の感想はまた改めて…。もう1回観てから書こうかな。エンドカードは笑いました。




posted by 白黒ウサギ at 02:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルスラーン戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176014447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック