TOP クロムクロ クロムクロ【第13話 祭囃子に呼ばれて】感想
2016年07月01日

クロムクロ【第13話 祭囃子に呼ばれて】感想

第13話 祭囃子に呼ばれて 

予告でこのタイトルみたときは夏祭りだと思ったんですよ。浴衣かなーとか呑気に思ってました。あの地獄合宿のまま夏休みが終わるなんて思ってなかったー!祭は祭でも文化祭でした。祭囃子なんてないじゃないのー。

いや待って。今回それどころじゃないんでした。大変です…!

ここからネタバレありの感想です。



エフィドルグと剣之介たちの戦闘から始まります。パイロットは女性のせいかジオフレームもなんか女性っぽい…。このジオフレームは2足歩行から4足へ変形するんですね。さすがにGAUS2機とクロムクロがいては無理だったようで、山へ逃げていきます。ぴょんぴょん跳ねて凄い逃げ方してましたよ。一見ぴょんぴょんだけど、あれものすごく跳んでますよw その後光学迷彩みたいなので隠れてました。

戦闘の様子をそっと確認していた女性、こちらがデブリに紛れて降下してきたエフィドルグかな?戦闘している方も知らないのか、こういう作戦なのかちょっとわからなかったです。でもこの人、雪姫に似ているっぽいのですが。戦闘には参加せず何か目的があるのか、どこかへ行ってしまいます。

その後、フツーに登校しているパイロットさんたち。山へ隠れたジオフレームがまだ見つかってないのに、大丈夫なのかな?
文化祭も先生たちの間では議論になったようで、こんな非常時だからこそやるんです!って頑張った保健の先生の主張が通ったんですね。まあ、授業でも文化祭でも登校することに変わりはないし。

文化祭で何をやるか決めよう…っていうときに、メイド喫茶が候補になって、メイドがわからなかった剣之介。説明してもらっているうちに美香のコスプレ話になって、由希奈がその話はもういいからって止めに入ります。由希奈ちょっと怒ってるじゃないですか!その様子をみて「ははーん」って顔になる美香ちゃん。由希奈の気持ちがバレバレですね。

結局、GAUSのパイロットが3人もクラスにいるということで、「教えてエフィドルグ!」という討論会をやることに。
文化祭の準備から当日まで、由希奈と剣之介のいちゃいちゃっぷりはどうしたんですか…。キューブで一緒に買い出しにいって怒られたり、焼きそば一緒に食べたり、綿あめとか。仲良すぎる。かわいい。これは赤城の入り込む余地はないかなあ。

最後はコスプレイヤーと間違われたまま、エフィドルグが校内へ。ジオフレームに乗っていた方ではなく、デブリに紛れてきたムエッタという名前の方です。ムエッタは討論会会場へ現れるなり、ステージにいる剣之介に襲いかかります。エフィドルグの顔が雪姫と重なり、動揺した剣之介は動けなくなり、エフィドルグに刺されてしまいます。剣が貫通してたけど…ええ…どうなるの…。

というか、ムエッタの目的は何だろう。フスナーニのことでの個人的な恨みとか?(えー、姫と斎藤さんが…?)

●おまけ
美夏のコスプレは「凪の明日から」だね。凪あす、2クールめから凄くいいから必ず観てね!っておすすめされてて、観たいのですがまだ観てません。そのうち観ます!ソフィの猫耳もかわいかった。




次へ:クロムクロ【第14話 祭に踊る羅刹】感想
前へ:クロムクロ【第12話 黒部の夏に地獄を見る】感想


posted by 白黒ウサギ at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | クロムクロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175887044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

クロムクロ 第13話 『祭囃子に呼ばれて』 女性エフィドルグが二人共来た! [こいさんの放送中アニメの感想]
片や潜入、片や戦闘。勝手に動いているみたいなので、協力している訳では無い様です。 戦っている方は大変そうですね。緑のメット=ミラーサのロボは一本角が鬼っぽくて、色がサイケ、あと四本足。ジオ..…
(2016-07-01 02:32)