TOP か行 革命機ヴァルヴレイヴ【全24話】感想
2016年06月27日

革命機ヴァルヴレイヴ【全24話】感想

カバネリの大河内一楼さんの構成・脚本です。それで気になって、けっこう前に1期・2期通して観たのですが、なかなか感想書けませんでした。

ざっくり言うと、宇宙ロボット+学園モノ+ヴァンパイアです。とは言え、単純な善悪が描かれているわけではなく、登場人物も多く、国や組織の思惑が入り交じる複雑な話です。

かなり力を入れた作品なのではないかと思いますが、全体的に詰め込みすぎて消化しきれなかった感があり、何だかもったいないな、と思いました。いったいどうなってるのか、展開が突飛というか説明不足でわかりにくい作品です。面白いのかどうかって聞かれたら、なんて答えたらいいんだろう。面白くなりそうな要素はたくさんあって、嫌いではないんですけど。ちょっと根気がいるかな。

ひとつ、キャラクターデザインが良くて、主要キャラは男女・敵味方問わず、だいたいみんなかわいいです。作画が常に一定のクオリティで崩れなかったのは凄いと思います。絵はほんとにきれいでした。

ここからネタバレありの感想です。



細かいことを言うとキリがないくらい、本当にいろいろあります。

第1話で主人公ハルトと、ヒロインのショーコが殺される(と思わせた)という衝撃の展開でもわかるように、視聴者が驚くような仕掛けがたくさんあるのがこの作品の一つの特徴です。

あとから段々と辻褄が合ってくることが多く、一つ一つの謎が解けるまでは、何かこれおかしいんじゃないの?とツッコミを入れたくなるところがたくさんあります。エルエルフが裏切り者であることを返上しようとせず、別の目的に向かって動いているところもわかりませんし、学園になぜヴァルヴレイヴのようなロボットが隠されていたのかとか、なぜパイロットになると“カミツキ”になってしまうのか、そもそもヴァルヴレイヴとは何なのか、など。わからないことだらけです。

これらの謎も2期に入ると解き明かされていくので、1期はとにかく我慢です。特に1期前半はソフトな部分とシビアな部分のバランスがあまりよくないので、学園の生徒たちのふわふわしたところが見ていてストレスが溜まります。ハルトもふわふわしていますが、“カミツキ”である悩みもあるし出撃もしているので置かれている環境はシビアです。それに対して、ショーコ含む一般の生徒たちは、歌を歌って学園のプロモーションビデオを作ったり、独立した国ごっこで遊んでいるように見えます。1期はアイナが死んでしまうところが転機で、そこから少し流れが変わってきます。

でも本当に面白くなるのは2期に入ってから。地球潜入捜査のところは本当に面白いです。大きな謎がわかってきます。2期は2期で、どんどん人が死んだり、ハルトたちの秘密(カミツキ=マギウス)を知った生徒たちとの確執など嫌な話も同じくらいあるので、なかなか辛いのです。でもカルルスタインのことや蓮舫寺兄妹のエピソード、ハルトとエルエルフの絆などいい話もたくさんあって最後はちょっと泣けます。

1期・2期を通してですが、ハルトに関する掘り下げがほとんどないので、主人公のことがよくわからないまま物語が進んでいったのは良くなかった気がします。でも最後まで観ると、ルーンを消費しつくしてハルトは死んでしまうので、ハルトの過去の記憶はもうないわけです。だから掘り下げが無かったのは、ハルトの記憶が失われたからなのかと考えることもできます。ただね、最後まで観てそう思えるだけだから、そこに辿りつくまではさっぱりわからないという、難しい話です。

対する、敵側のエルエルフは天才的に賢く軍人として有能でとても魅力的でした。何度か出てきますが、ハルトがエルエルフをジャックする話は面白かったと思います。リーゼロッテとのエピソードもそれなりに良かったと思いますし、アードライとの友情も、ハルトとの友情も良かったです。エルエルフがメインの主人公の方が、もしかしたら話もわかりやすて良かったかな〜と思わなくもないです。

ヴァルヴレイヴ、とんでもないな〜と思うところはたくさんあります。ネット云々のところはあまりにも軽いので無くて良かったと思うし、最後のショーコは疑問に思いました。でも、かっこよかったり、いいなと思うシーンもたくさんあるんですよね。

私は、サトミがアキラにポッキーを持ってくるところと、サンダーがアキラをかばうところ、この2つのシーンがものすごく好きでした。

1stシーズン:2013年4月11日 - 6月27日
2ndシーズン:2013年10月10日 - 12月26日(全24話)
監督:松尾衡/シリーズ構成:大河内一楼/脚本:大河内一楼、熊谷純
キャラクターデザイン:星野桂(原案)、鈴木竜也
メカニックデザイン:石渡マコト、鷲尾直広、寺岡賢司、宮本崇、柳瀬敬之、大河原邦男
アニメーション制作:サンライズ
キャスト:逢坂良太、木村良平、瀬戸麻沙美、戸松遥、小野友樹、中村悠一、浪川大輔、吉野裕行、宮野真守、悠木碧、他

水島努

posted by 白黒ウサギ at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175749863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック