TOP た行 東京喰種トーキョーグール 【1期】感想
2016年01月24日

東京喰種トーキョーグール 【1期】感想

本放送:2014年7月〜9月

OVA「東京喰種トーキョーグール JACK」が面白かったので、本編も観てみました。(dTVで2月末までの期間限定で全話配信中)原作は読んでませんが、美麗な絵ですね〜。アニメ版も作画はなかなか美しかったです。

「喰種」と呼ばれる人とは異なる存在が、人に紛れて生活している東京が舞台です。この世界では都内は「11区」「20区」など数字で呼ばれています。特に言及はないのですが設定としては近未来とか? ある日、読書が好きで大人しい性格の大学生のカネキが、事故に巻き込まれてしまい……とんでもないことに。

ここからネタバレありです ☆



OVAを先にみたので、本編も捜査官とグールが闘う(主人公は捜査官側)と思っていたら違いました。主人公がグールでした。なるほど本編はこうなのね。

読書好きの大人しい大学生金木は、片思いの相手リゼをデートに誘います。実はリゼは喰種で、デートの帰りにカネキはリゼに襲われて食われかけます。そこへタイミングよく鉄骨が落ちてきて、金木は瀕死、脳死だったリゼの臓器移植を受けます。金木は喰種の臓器を移植されたために、心は人間のまま、体は喰種という、半喰種になってしまいます…。

喰種になったため味覚が変わってしまい、人間の食べ物は何も食べられない。空腹になると飢えでおかしくなり、親友まで襲ってしまいそうになる。昨日まで普通の大学生だったのに、そんな急激な自分自身の変化を受け入れるなんて、簡単にはできません。喫茶店あんていくのマスターやトーカ、その他の喰種たちから喰種について学びながら、一体どうすればいいのか金木は悩み続けます。

前半は金木がひたすら葛藤する話でした。金木は半喰種なので他の喰種からみれば奇妙な存在なので、やたら絡まれます。最初は鍛えられていないので弱々しく、常にやられっぱなし叫びっぱなしで気の毒でした。さらに見た目も大学生というより中学生みたいです。暴走気味の変なキャラが多くて、あまり気分よくないのですが、もしかしてこのイヤな感じが、この作品の持ち味でしょうか。

後半は喰種対策局(CCG)=喰種側からの呼称は「ハト」が出てきて、喰種狩りが始まります。(ここでOVAに出てきた有馬捜査官もチラッと出てきました。)ここで出てくる真戸という捜査官が、また暴走キャラでした。人間と喰種とどちらが正義なのかわかりませんが、少なくとも真戸は人間なので人間側の正義で行動しているはずなんです。捜査官という立場ですから、本来は。でも実際には、好き放題暴れているようにしか見えません。喰種の死体を元に自分の武器を作りコレクションしたりとか、悪趣味なんですよ。でもなぜか、CCGの中では素晴らしい人として扱われていて不思議。見た感じからして、イカン感じなのに?

その真戸との戦いで、トーカが思いを叫ぶところがまた悲しい。
喰種ばかりが責められるが、肉以外に食べられるものがないのに一体どうすればいいのかと。真戸を倒したあと、真戸の手袋の下に結婚指輪を見て、真戸にも家族がいると気がつきます。人間にも喰種にも悲しみは等しく訪れますが、トーカたち喰種には選択肢なんて何もない。かと言って共存できるかというとまず無理です。カネキと同じように出口のない悩みをトーカも持ちます。

さらに終盤になって、CCGにより喰種たちが追いつめられていく一方で、なんか悪い喰種の集団が唐突に現れます。金木をいたぶり続け、なかなか壊れない気に入ったと意識のない金木を連れ去ってしまいます。

最後の方は内容が酷くて(酷いのがウリだったら、苦手なのでそこは申し訳ないのです…)観るのが辛かったです。拷問長すぎませんか?リゼが心の中に出てきて金木が悪いと責め立て、最終的には金木がそれを受け入れるのも気分が悪かったです。金木が言っているのは理想論かもしれませんが、金木が悪いから色々なことが起こったわけではありません。弱いのは悪いことではなく、悪いのはヤモリです。

しかしその意味のわからないリゼの説得で金木が覚醒して、いきなり強くなってヤモリをあっという間に倒して話は終わりました。

えー?

さらわれた金木を命がけで助けにきている筈のあんていくの面々はどうしたのか、金木のこれまでの葛藤は意味がなかったのか、覚醒してこれからどうするのか、そもそも「喰種」が一体何なのか、CCGとはどうなるのか、何もかも中途半端で終了しました。

見終わっている時点で2期があるとわかっているから、まだいいのですが、リアルタイムで観てたら( ゚д゚)ってなったと思う。まだ話は続くよという終わり方でもいいけど、もう少しまとめようがあったと思うんだけど違うのかな。

長くなってしまいました。これ2期も観るべきか迷う。
2014年7月〜9月(全12話)
原作:石田スイ/監督:森田修平
シリーズ構成・脚本:御笠ノ忠次
キャラクターデザイン:三輪和宏
アニメーション制作:studioぴえろ
キャスト:花江夏樹、雨宮天、中村悠一、浅沼晋太郎、花澤香菜、宮野真守、他

関連:OVA 東京喰種トーキョーグール 【JACK】感想
関連:OVA 東京喰種トーキョーグール【PINTO】感想





posted by 白黒ウサギ at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | た行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]※ネタバレご遠慮ください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172604731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック