2017年09月30日

血界戦線 & BEYOND【第1話 先行上映+トークショー】感想

血界戦線 & BEYOND 第一話先行上映会

日時:2017年9月30日 15:50〜 TOHOシネマズ六本木
内容:第一話「ライツ、カメラ、アクション!」上映+トークショー
出演: 小山力也さん、阪口大助さん、中井和哉さん、宮本充さん、小林ゆうさん、緑川光さん、内田雄馬さん

観てきました。チケット先着順だったので、予想以上にあっという間に完売して驚いたんですが、無事にチケットとれて良かったです。先行上映、機材トラブルがあったりしたのですが、作品内容はとても素晴らしく満足。本放送が楽しみです。トークショーも楽しかったですよ〜。ニコ生でも2回目のトークショーの中継があったみたいですね!そちらはどんな内容だったんでしょうね?

第一話のネタバレは本放送後にまた感想を書くので、今日は内容には触れずざっくりした感想と、上映後のトークショーのレポを中心に書いていきます。

では続きます。

>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血界戦線

バチカン奇跡調査官【第12話 シンフォニア】最終回 感想

第12話 シンフォニア 最終回 

バチカン奇跡調査官も最終回でした。
ドイツから良太の容態が急変したという連絡が平賀の元に入ります。最終回はこれまでの奇跡調査の話ではなく、平賀の弟の良太の話でした。

原作は独特の雰囲気があって読み応えのある作品ですが、アニメ版ではストーリーを大幅カットしたこともあり、全体的に軽めの仕上がりに見えました。かなり印象の違うものにはなりましたが、それなりに楽しめたかな、と思います。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(2) | バチカン奇跡調査官

バチカン奇跡調査官【第11話 闇の黄金、我、主とともに】感想

第11話 闇の黄金、我、主とともに 

森の中で平賀たちは何を見つけたのか…?
32年前の事件で一体何があったのか、現在進行形の少年の殺害事件、そしてキリスト像の奇跡との関連は?
今回、まるっと解決編です。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(2) | バチカン奇跡調査官
2017年09月26日

血界戦線・1期【全12話】感想

☆血界戦線 1期 2015年4月〜6月/10月【全12話】 

待望の血界戦線 2期「血界戦線 & beyond」が始まります。2017年10月から放送開始です。楽しみですねー。準備はいいですか?そんなわけで、今のうちに1期のおさらいをしておきましょう。

ニューヨークが異界と交差してできた「ヘルサレムズ・ロット」と呼ばれる街を舞台にした、異界と人間の緊張感あふれる超常的な日常を描いています。異界と人間界の境界線、その最前線を守る秘密結社「ライブラ」不思議な力を持つ強者たちを中心とした物語です。

最終回の分量が想定よりも多くなってしまったため、30分の放送枠に収まらなかったため放送延期したという逸話のある作品なのですが(最終回の放送は予定の3ヶ月後)…。無理に削って30分に収めず、やりたかった内容でやりきったのは良かったのでは…と思います。もちろん作品内容の良し悪しとは別に、こういった顛末には賛否あるとは思います。ただ、作品そのものは、映像もシナリオもクオリティが高く、音楽も何もかも素晴らしく、一度見たら忘れられなくなる名作です。

まだ見てない!という方はぜひ見てほしいなと思います。

ここからネタバレありの感想です。


>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血界戦線
2017年09月25日

ボールルームへようこそ【第12話 出会い】感想

第12話 出会い 

天平杯の決着がついてカップルは元通り。受験も終わり、多々良の高校生活がスタートしました。自己紹介で好きなことを聞かれ、思い切って競技ダンスだと答える多々良でしたが…?

今回からOP、EDとも新しくなりました。ユニゾンスクエアガーデン、新曲もいいですねー。EDも前回に続き小松未可子さん。これからのストーリーを思わせる曲でした。なんかちょっと雰囲気が変わったかなー、今回とても面白かったです。日常パートがメインで多々良たちの心情がわかったのも良かったし、ダンスシーンがしっかり動いていてとてもきれいでした!

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | ボールルームへようこそ
2017年09月24日

Fate/Apocrypha【第12.5話 聖杯大戦開幕戦】感想

第12.5話 聖杯大戦開幕戦 

予告どおり前半の振り返り。これまでの映像にジャンヌさんがナレーションしてくれる総集編でした。
本当に総集編で、特に何か改めて思うことも無かったのですが、一応感想書いておきますw

ここからネタバレありの感想です。


>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 17:20 | Comment(5) | TrackBack(1) | Fate

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]【全26話】感想

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](全26話) 
☆1stシーズン:2014年10月 - 12月
☆2ndシーズン:2015年4月 - 6月

「fate/stay night」とタイトルは同じ、登場人物も設定も同じですが、こちらは遠坂凛をヒロインにした別ルートの物語となっています。サブタイトルの「Unlimited Blade Works」って何だ…?と思いますが、意味は最後まで観るとわかるようになっています。本作(略してUBW)では、stay nightとは別ルートを辿るとともに、謎のままになっていた部分が解明されるなど、さらに物語が進んでいきます。

とにかく映像のクオリティが高く、バトルアクションも凝った見せ方をしてくれます。見た目もストーリー展開も満足度の高い作品で、オススメです。ただしところどころ残酷な描写もあり、また全てハッピーに丸く収まるということもありませんので、そういうのが苦手な方は要注意です。

ここからネタバレありの感想です。


>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 17:01 | Comment(8) | TrackBack(0) | Fate

活撃 刀剣乱舞【第13話 活撃】最終回 感想

第13話 活撃 最終回 

活撃 刀剣乱舞もこれで最終回。箱館戦争、最終決戦で時間遡行軍1000体を迎え撃たなければならない。和泉守、陸奥守に第一部隊からの応援も現れるが…。そして、和泉守の心残りは…?

本当に終わってしまいました…。活撃、とにかくかっこ良くて、全編通してとても良かったと思います。今回もいい最終回でした。ずっと観ていたくて名残惜しいのですが、新たに劇場版も始動ということなので!まだまだこれからも活撃は続きそうで良かったです。劇場版…楽しみですね!

では、ここからネタバレありの感想です。


>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活撃 刀剣乱舞
2017年09月22日

Fate/zero【全25話】感想

Fate/Zero(全25話)
第1期:2011年10月 - 12月
第2期:2012年4月 - 6月

「Fate/stay night」の前日譚。第四次聖杯戦争を描いています。

本作では衛宮士郎の育ての親、衛宮切嗣が主人公です。stay nightの物語の開始時にはすでに故人だったため、断片的なことしかわからなかった人物なのですが…。その切嗣が関わった前回の聖杯戦争の物語が「Fate/zero」です。バトル・アクションも楽しめますが、それよりも心理描写に重心があるところが面白いと思いました。マスター同士のドロドロとした駆け引き、サーヴァントそれぞれの英雄たる思い、マスターとサーヴァントの様々な主従のあり方を掘り下げるなど、stay nightとはまた違った切り口の物語になっています。

stay nightの前日譚…と書きましたが、繋がらない部分や矛盾点もあります。ここが評価をわけるところでもあるようですが、これはこれ、それはそれで、私はとても面白かったです。stay nightよりもかなりグロテスクな表現が多いので、そこは苦手な方は注意です(私も得意ではないです)。

ではここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 21:02 | Comment(8) | TrackBack(0) | Fate
2017年09月21日

Fate/stay night【全24話】感想

Fate/stay night
☆2006年1月 - 6月(全24話)
あらゆる願いを叶えるという“聖杯”を手に入れるため、7人の魔術師(マスター)が召喚した過去の英霊(サーヴァント)と契約し戦う物語。

fate関連作品できちんと観た最初の作品になります。
原作ゲームの中の“セイバールート”と呼ばれるシナリオルートが本作にあたります。原作ゲームは未プレイ(年齢制限があるオリジナルと、その後PS版など内容をソフトにしたものがあるようですがどちらも未プレイ)です。FGOはちょっと置いといて、ほぼ予備知識のないままに観始めたので、序盤はよくわからないことが多かったのですが…。

ジャンルとしては最初の印象はバトルアクションかファンタジーかと思っていたのですが、ぶっちゃけるとこれは恋愛物になるのではと思います。それでも聖杯戦争やマスターとサーヴァントの関係、それらを縛るルールなど世界観はとても良く、また魅力のあるキャラクターが多いので全体としては面白かったと思います。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 21:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | Fate