2017年02月11日

青の祓魔師 京都不浄王篇【第6話 綿裏包針】感想

第陸話 綿裏包針 

達磨と藤本神父の出会いの話が手紙によって明らかにされていきます。2人の出会いはただの出会いではありませんでした…。達磨が燐に頼みたかったこととは?右目を持ちだした蝮と藤堂の向かった先とは…?そして達磨の秘密とは一体何なのか。だんだんと真実が見えてきました。

色々わかって今回かなりスッキリしました。いえ、ストーリー的には大ピンチなのでスッキリどころかハラハラしていますが…。やっと物語が動いたなという感じです。

ここからネタバレありの感想です。

>>続きを読む
posted by 白黒ウサギ at 04:05 | Comment(2) | TrackBack(1) | 青の祓魔師